近年では新型コロナウイルスの影響により、休業を余儀なくされている人も多いことでしょう。大企業であれば自宅でテレワークやリモートなどの働き方ができるでしょう。しかしアルバイトやパートとして働いている人は、稼ぐことができなくなってしまいます。違う仕事を探そうにも、子供がいる家庭では学校も休校になっていることから、働きに出ることすら難しくなってしまうでしょう。

 

このような時に自宅に居ながらも稼げる仕事を探したいと思うのは当たり前のことです。その一つの方法としてライブチャットが挙げられます。ライブチャットとは、パソコンのスカイプ機能などを使い、顔を見ながら話ができるシステムのことを指しています。昔でいうテレクラのようなものであり、電話だけでおしゃべりしていたことを、パソコンやスマートフォン使って実際に顔を見ながら話ができるものです。

 

 

ライブチャットと一言で言っても、さまざまな種類のものがあります。普通に話をするだけのものもあり、このような場合には基本的に話がメインとなるため、つまらない話をしていれば、すぐに相手に終わりにされてしまいます。もう一つが洋服を脱いで見せたり見られたりするものです。
男性の方でアダルトライブチャットに興味がある方は下記のページを参考にしてみてください。
DXLIVEの割引クーポンコード

 

 

実際にどれくらい稼げるのかというと、決まった計算方法はありません。

 

 

簡単に説明すると、男性がお金を使い気に入った女の子とライブチャットを楽しむことになりますが、お給料は分給で計算されることになります。給料体制もさまざまであり、店舗により多少値段は異なるものの、目安としては、性の姿が見えない2ショットチャットの場合には、1分話すことで75円で、1時間話をすると4500円ということになります。どちらも姿が見える双方向の2ショットチャットでは、1分話をするごとに120円で、1時間では7200円です。もうひとつがパーティチャットと呼ばれるもので、1分間に発生する給料は2ショットと比べると安くなります。1分30円で、男性が20人集まった場合には、1分間で600円、1時間では3万6000円の収入です。洋服を脱ぐとなるとさらに単価はあがり、1.5から2倍は高くなるでしょう。

 

 

 

このようにアダルトライブチャットの種類や給料が発生する仕組みがあることがわかります。これからはじめてみたいと思う人も多いかもしれませんが、メリットもあればデメリットもあるため、それらを把握しておくことが求められます。メリットはなんといっても、自宅で都合の良い日に、また自分の好きな時間に仕事ができることです。通勤の必要もないので交通費もかかりません。

 

 

自分の部屋で都合のいい時間帯に、自分が仕事をしたいと思ったときにだけ仕事をすることができます。また働く場所については主に自宅になるため、直接人に会うことはないでしょう。運営サイトとやりとりを行う際も、サイトを通してやりとりを行うことになります。人間関係が面倒だという人にはぴったりの仕事といえるでしょう。反対にいろいろなことをスタッフに相談したかったり、同じ悩みを持つ人と話をしたいというようなコミュニケーションの問題では、デメリットになるといえます。

 

 

自分の好きな時間に仕事ができるので大きな魅力を感じる人もいるかもしれませんが、反対にデメリットがあるのも事実です。その一つは誰かと同居している場合が挙げられます。仕事をしている瞬間に入って来て見られてしまったり、話している声でばれてしまうなどのリスクが考えられます。また誰もいない状態であっても、パソコンを共有している場合には注意が必要です。

 

 

インターネットの閲覧履歴などからばれてしまうリスクも考えられるでしょう。そもそもパソコンやインターネット環境がなければ、お仕事そのものができません。近年ではパソコンやインターネット環境が整っている家は多いものの、ウェブカメラやマイクまで整っている人はそれほど多くありません。始めるに当たり追加でウェブカメラやマイクを購入する場合には、初期費用として1万円程度のお金がかかることを頭に入れておきましょう。またインターネットの環境が悪かったり、パソコンの調子が悪ければ仕事をすることはできません。Wi-Fiの接続が悪いだけでも支障をきたすことになるでしょう。サイトから多少のサポートを受けることはできるものの、すべてが自己責任で進めなければなりません。そのほかにも部屋の片付けをしっかりしておいたり、身元がばれそうなものを整理しておくなど、慣れるまでの間はノウハウを学ぶための時間が必要となります。

 

 

 

エロライブチャットにおいても、稼げる時間帯が存在することを覚えておきましょう。当然のことながら男性がログインしなければ顧客がつくことはなく、お金の入らない待機の時間が長く続くことになります。一番稼げる時間帯としては、翌日が休みにあたる金曜日や土曜日の深夜の時間帯と言えます。昼間でも仕事をすることはできますが、当然のことながら男性も昼は仕事をしているので、給料が発生しない待機時間が長くなってしまいます。これらのことを頭に入れたうえで、働く時間帯についても考えてみましょう。